アルカリ洗浄液の特徴

アルカリ洗浄液は普段のお掃除やお洗濯など、いろいろな使い道があります。

水と油を混ぜ合わせて作られている石鹸や合成洗剤と違って、アルカリは汚れの中の油分と反応して一種の石鹸のような状態になり、石鹸へと変化した汚れとアルカリのダブルパワーで汚れを落とすのです。

アルカリ洗浄液の特徴は、油脂の成分である脂肪酸と反応して一種の石鹸を作りだします。

アルカリ洗浄液の詳細はこちらで簡単に調べられます。

石鹸の状態になった油汚れは他の汚れを落とす役割をするように変わります。
また、タンパク質の汚れの中で代表的なものが水垢や食べこぼしがあり、このタンパク質は様々なアミノ酸が結合したものなのですが、アルカリはその結合を断ち切って分解したり、結合を緩めて構造を変化させたりするのです。



そうなるとタンパク質はもろくなり、汚れとして吸着する力が弱まるので少しの力で洗い流せるようになるのです。アルカリ洗浄液を使う時はアルミ製品には使用しないように気を付ける必要があります。



アルミ製品をアルカリにさらすと白く粉を吹いたようになりますが、これはアルミニウムとアルカリが科学反応を起こして水酸化アルミニウムが出来たという事で、分かりやすく言うとアルミニウムが溶けて腐食してしまったという事になるのです。

このようにきちんと特徴が分かってさえいれば、なかなか落とす事の出来なかった汚れも簡単に落とすことが出来たり、反対にアルカリ洗浄液を使う事で今あるものを傷めたりすることも無くなります。