デスケーラーでスケール除去をする - 場所によって違うスケール除去の方法

デスケーラーでスケール除去をする

熱交換器の金属部分やポンプやボイラーの金属部分に付着したスケールは、石灰質の垢のようなものが固まって付着しているので、水で洗浄しても落とすことは出来ません。

化学薬品を使って除去するのが常識でしたが、従来のデスケーラーを使うと金属を腐食させてしまうというデメリットがありました、これにより何度も洗浄を繰り返すことで部品そのものの寿命が縮まるというのが難点でしたが、現在のデスケーラーではそれらを克服できています。

金属に対して腐食性がないだけではなく、一部の商品では万が一人の肌に付着してしまっても、洗い流すだけで大丈夫な液体も誕生でしています。
スケール除去をしない場合には最悪の場合には動作不良が起こることがあるので、目詰まりを起こしたり機械の故障にもつながります。

デスケーラーをご提案いたします。

定期的な除去をすることで機械全体の寿命をのばすことができるので、なるべく部品を長持ちさせるためにも、金属に対しては腐食性がないものを採用するように心がけましょう。



いろいろなデスケーラーがあり建設機械から工業機械まで用途は様々です。

どの洗浄液も綺麗にスケールを落とすことが出来付着を防止してくれる成分が入っているものも少なくありません。
デスケーラーの選定の際には塗布する部分の金属が何でできているのかを調べてからつかうようにしましょう。
全ての金属につかうことはできるものがほとんどですが、一部に相性の悪い金属も存在するのでデスケーラーを買う前に調べることが大事です。